鐵 路 の 記 憶キハ100系

# 604 米坂線 2014 Vol.10

DSC_4367.jpg

今年の春先、まだ雪がたんまり残っているときにこの橋梁を望む場所で撮影をしました。その時は国道からの撮影でしたが、今回はちょうど橋梁をくぐって反対側から撮影です。

只見線、米坂線、磐越西線と一気にめぐる強行軍でしたが、やはり一番北に位置するだけあって紅葉もほとんど終わりかけているって感じがしました。それでもこの美しさですから…


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/6.3
 シャッター : 1/800秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0 
 露出モード : Manual 


# 336 大湊線 2014 Vol.2

_DSC7307.jpg

お気に入りの一枚…。

どうしても一度は訪れたいと思っていたのに、青森は下北半島と言うことでなかなか赴く機会がなかったんですが、ようやく訪れることが出来ました。しかもこのアングルからの大湊線を撮影したかったんです。ですから念願の大湊線!、とでも言うんでしょうか。

陸奥湾を左手に見ながら下北半島を北上する「快速しもきた」です。車両はキハ100系の2両編成。

前回アップした正面からの画像と同じ車両になりますが、後追いになったこちらの方が陸奥湾がちゃんと写っていていい感じになっています。「薄群青色」(うすぐんじょういろ)の陸奥湾…。真冬の時期はもっともっと荒々しいんでしょうが、さすがに4月も半ば近くになると春らしく穏やかになってきているんでしょう。とは言え、朝からの強風で白波と化していますが…。欲を言うならば陸奥湾の奥に恐山が見えるはずなんですけど、視界がぼやけはっきりとみることが出来ませんでした。 

夕日を浴びて北上する列車を後追いで…。なんだかシャッターを切り終えて遠ざかっていく列車をボーっと眺めていてちょっとだけセンチな気持ちになってしまいました。

薄群青色


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 35mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/800秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 250  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0.3
 露出モード : Manual


# 334 大湊線 2014 Vol.1

_DSC7304.jpg

八戸発大湊行き「快速しもきた」です。野辺地を発車した列車は、下北半島を真っ直ぐ北上します。おもいっきり逆光となってしまいましたが、何とか撮ることが出来ました。

。正面からの画像では陸奥湾がよく分かりませんが、次回アップする予定の後追いの画像では陸奥湾沿いを北上する様がよく分かると思います。

それにしてもこの日は朝から風が強く、陸奥湾からの強風で体感温度が非常に低くとても寒かった撮影でした。それに陸奥湾からの寒風にさらされてきたであろう枯草が「丁字染」(ちょうじぞめ)色をしていたのがすごく印象的で、その中を西日を浴びて疾走するキハ100系は何だか郷愁が漂い、とてもいいものです。

丁字染


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 35mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/800秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 250  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0.3
 露出モード : Manual 


# 331 北上線 2014 Vol.5

_DSC7237.jpg

水鏡が期待できないような天候だったのでちょっとアップ気味に…。

1両のみもいいですけど、2両編成もいいものです。

雪解け水が流れ込んでいることで河の水量が多く、いい感じになっていますが、夏場など水量が少なくなるとどこに河がある??というような光景になる場所なので、風は強かったもののタイミング的に良かったかもしれません。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 116mm 
 絞り値 : 
f/5
 シャッター : 1/800秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0 
 露出モード : Manual


# 327 北上線 2014 Vol.4

_DSC7226.jpg

モノトーンの景色にひときわ目立つ橋梁…、ここを1両のみの横手行が通過して行きました。

この日は朝から猛烈な強風で川面も波立ち水鏡になっていないのが残念です。これだけの水量があればここも只見線同様に水鏡がきれいなんでしょうけど、自然には勝てません…。

それにしてもこの「青磁鼠」(せいじねず)色の湖面、これが自然によって作り出された色かと思うと言葉を失います。その上にかかる橋梁の「深緋色」(こひきいろ)が一層引き立っています。

青磁鼠  深緋色


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/5
 シャッター : 1/800秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 360 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0 
 露出モード : Manual


# 310 北上線 2014 Vol.2

_DSC7216.jpg

錦秋湖の上を渡る橋梁…。これと言って何の特徴もない普通の橋梁ですが、北上線らしさが出ていると思います。

モノトーンの世界…。まさに狙い通りの光景…。

春と言うことで「桜」や「菜の花」といった鮮やかな色合いに目がどうしても行ってしまいがちですが、まだまだ北国ではこのような風景が当たり前の状況。そういった鉄道風景を撮りたかったんです。



撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 85mm 
 絞り値 : 
f/10
 シャッター : 1/640秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 220
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0 
 露出モード : Manual


# 308 北上線 2014 Vol.1

_DSC7182.jpg

東京では桜も散り始めていると言うのに、ここ北上線ではいまだに残雪が…。

この地での桜の開花は数週間後になるのでしょう。

モノトーンの中、「深緋色」(こひきいろ)の橋梁がひときわ眩しいです。

そんな風景の中を1両のみのキハ100系が橋梁を駆け抜けていきました。

深緋色


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 195mm 
 絞り値 : 
f/5.3
 シャッター : 1/1000秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 160 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0 
 露出モード : Manual