鐵 路 の 記 憶キハ183系

# 723 千歳線 2017 Vol.4

_DSC0232.jpg

8D、北斗8号です。

いいです!283や281もいいですが、183系は可能な限り頑張ってもらいたいです。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 


 カメラ : Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : f/5.6
 シャッター : 1/1000秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual


# 717 函館本線 2017 Vol.3

_DSC0697_2017032106253998a.jpg

71D、オホーツク1号です。

早朝の時間ではありますが、お客さんの数は結構いたように見えました。それだけ需要があるのに直通のオホーツクが減便…。

まぁ、旭川乗換ではあるものの北見・網走方面への本数は変わらない…、車両の老朽化に伴う代替車両の確保が出来ない…、代替車両の確保ができないから一回の走行距離を短縮し、結果的に細くそして長く老朽車輌を使うしかない…、という主張もわかりますが、乗換はやはりめんどくさいの一言のように思いますが…。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 

 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 170mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 800
 測光モード : Spot 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l




# 714 石北本線 2017 Vol.8

_DSC0656.jpg

81D、「大雪1号」です。今回の石北線遠征ラストとなります。

ファインダー越しに「??」、オホーツクでは使用されていなかったスラントノーズが連結され、5両編成となって運用されていました。前日は4両編成だったのに…。最後尾まで納めたかったのでぎりぎりまで引っ張り何とか編成の全貌を納めることが出来ました。

これで今回の石北線遠征は終了です。この後、札幌に移動し早朝の札幌近郊の函館本線を撮影してきたのでそちらを順次アップしていく予定です。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 

 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 180mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/800秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 :  200
 測光モード : Spot 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manua
l



# 712 石北本線 2017 Vol.6

_DSC0623.jpg

71D、「オホーツク1号」です。

先日アップした「72D」と同様、遠軽方・旭川方ともに貫通型でした。オホーツクと言えばスラントノーズって印象が強いだけになんか拍子抜けしちゃいますが、どうもダイヤ改正後に183系を使用している列車(北斗は別です)は基本的には両端貫通型のような気がします。しかし、遅延等の障害発生時や車両のやりくり等でその編成が様々に変化しているのが現実のようで、基本は基本としてイレギュラーも多々あるようです。

これは「オホーツク」だからというわけではなく、同じく183系を使用している「大雪」でも場合によってはスラントノーズを使用することもあり得ます(事実、この日の「大雪1号」の旭川方はスラントノーズ、5両編成でした。こちらは後日アップ予定)。

また、宗谷本線ではダイヤ改正後の3月20日の下り「宗谷」が261系の代走として両端スラントノーズ+キロ182-9を連結した5両編成で運用され、折り返し「サロベツ4号」として運用されたとか…。もろもろの事情により代走運転となる場合なども含め、「オホーツク」、「大雪」、「サロベツ」(場合によっては「宗谷」も)にこれからもまだまだスラントノーズやキロ182-9が代走運転されることも十分考えられるので、タイミングよく撮影できたら…なんて思ってます。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 

 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 180mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/1000秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 :  200
 測光モード : Spot 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manua
l




# 710 石北本線 2017 Vol.4

_DSC0627.jpg

72D、「オホーツク2号」です。

3月4日のダイヤ改正で減便となったオホーツク。おかげで1号、2号しかまともに撮影できなくなってしまったのが悔やまれるところ…。

おや?スラントノーズではない!これでは以前のサロベツと同じでは??オホーツクと言えば札幌方はスラントと思って待っていたんですが…。

後に同日の71Dもアップしますがこちらも同じく前後ともに貫通型…。たまたまと言われてしまえばそれまでなんですけど…。ちょっと拍子抜けしちゃいました(^_^:


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 

 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 200mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/1250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 :  200
 測光モード : Spot 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manua
l



# 708 石北本線 2017 Vol.2

_DSC0572.jpg

81D、「大雪1号」です。

オホーツク減便、代わりに大雪が復活したものの札幌~網走間を通しで乗車する場合、旭川乗換…。

賛否両論といったところでしょうが、あまりいい評判は聞こえてこない気が…。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 

 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 200mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/800秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200
 測光モード : Spot 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manua
l



# 707 石北本線 2017 Vol.1

_DSC0590.jpg

3月4日のダイヤ改正で復活した「大雪」です。

1992年3月14日に夜行急行「大雪」が廃止になって以来の復活です。それ以前に1986年11月1日に実施された国鉄最後のダイヤ改正で昼間帯の急行「大雪」はオホーツクに格上げとなり、すでに廃止になってました。

そんな「大雪」が特急として復活です。しかも廃止になった時のヘッドマークデザインがそのまま使われているといった粋な計らいが良いです。

「大雪」の撮影一発目ということでドドーンと単純な構成のものから…


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 

 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 190mm 
 絞り値 : 
f/7.1
 シャッター : 1/640秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200
 測光モード : Spot 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manua
l



# 700 千歳線 2016 Vol.9

_DSC0334_20161209064200077.jpg

2017年、明けましておめでとうございます!

昨年、JR北海道管内ではいろいろありました。8月の立て続けに受けた台風被害、12月5日に留萌線の増毛~留萌間の廃止(最終運行12月4日)などなど。今年はどんな一年になるんでしょう??

さしあたっては3月に行われるダイヤ改正で石北本線と宗谷本線の一部の特急が札幌始発から旭川始発になるとか…。利用者の利便性を考えれば乗換の手間など負担増になるのでは?と懸念されます。同時に今回の撮影地の最寄り駅である美々駅を含むJR北海道管内10の駅も3月のダイヤ改正で廃止になるとか…。

さてさて新年一発目は昨年12月に遠征したJR千歳線の続きで、いつまで運用につけるか微妙なキハ183系です。写真は12D、「北斗12号」になります。やっぱり旧国鉄時代からの車両は趣があり、いいです!これからも可能な限り北海道内の車両、特に古い車両を撮影していきたいと思います。

というわけで、今年も駄作ばかりでお見苦しいかとは思いますが、「鉄路の記憶」を宜しくお願いします。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 230mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/640秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 :  800
 測光モード : Spot 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l

# 692 千歳線 2016 Vol.1

_DSC0242.jpg

何だかんだで今年6回目の北海道遠征。今回の一発目は「6D、北斗6号」から。

気が付けば最近ブログの更新は北海道遠征に行ったときのみ…の様相を呈してきています(^_^:

今回はキハ183系、キハ281系を中心に撮影してきました。厚い雲に覆われ早朝でもないのに周囲は薄暗く、露出的に撮影には厳しい条件でした。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 280mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/640秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 :  1000
 測光モード : Spot 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l


# 682 室蘭本線 2016 Vol.5

_DSC20160530_05.jpg

5月末に発生したJR北海道のシステムトラブルは記憶に新しいところ。

この日は、そのシステムトラブルに加えて、千歳線島松付近で人身事故、函館本線白石付近で強風により架線にビニールが引っかかったとかで撤去しなければならず、これらトリプルパンチにより大幅にダイヤが乱れ、特に千歳線、室蘭本線、石勝線、函館本線がその影響を受けてしまいました。

苫小牧方面行きはさほど影響を受けていなかったものの、札幌発の特急、苫小牧発の各駅などはそれこそいつ来るかわからない状況。かなり多数の列車が運休になったことを思えば遅れはしていても運行されているだけよかったと思うべきなんでしょう。

この8D、北斗8号も定刻より約50分遅れで通過していきました。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED + Kenko C-PL(W) 
 焦点距離 : 220mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/800秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200
 測光モード : Spot 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l