鐵 路 の 記 憶ナハフ1200形

# 332 津軽鉄道 Vol.2

_DSC7295.jpg
_DSC7287.jpg

津軽鉄道と言えば?

鉄でなくとも誰もが「ストーブ列車」を連想すると思います。そのストーブ列車自体は3月31日で今季の運行を終えているので来季までお目にかかることは出来ませんが、使用されている客車が五所川原駅に留置されています。

1枚目の写真が実際ストーブ列車としてつい先日まで運行していたオハフ33系とオハ46系で、屋根にストーブの煙突が見えます。

2枚目の写真は先日アップしたキ100形と共に留置されている1928年(昭和3年)に川崎造船所で製造された西武鉄道の151系で1965年(昭和40年)に譲渡され、運転台等を撤去した上で客車として使用されていたものですが、ご覧の通り痛みがひどく、実際には現在は使用されていないようです。

今でも旧国鉄の車両が多数集結し、現役で使用されているもの、現役では使用されていないものの留置されているなど、古いもの好きにはたまらない路線です。


撮影地は
ここ