鐵 路 の 記 憶DF200形

# 716 函館本線 2017 Vol.2

_DSC0676.jpg

3001M、ライラック1号の撮影を終え、続いてやってくるオホーツク1号・宗谷を待っていると「赤熊」が単機でやってきました。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 

 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 180mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 800
 測光モード : Spot 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l



# 696 千歳線 2016 Vol.5

_DSC0300_201612060857108e9.jpg
_DSC0355.jpg

前回アップした基本番台の後続機、50番台(上)と100番台(下)のDF200です。

基本番台と比較していただければ分かる通り、スカートの色が違います。
また、50番台の製造途中で「RED BEAR」の愛称が決定し、側面に描かれるようになりました。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED + Kenko C-PL(W) 
 焦点距離 : 280mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/640秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 :  1000
 測光モード : Spot 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l

# 694 千歳線 2016 Vol.3

_DSC0283.jpg

DF200-5です。

いわゆる基本番台となり、試作車のDF200-900番台の試用結果を踏まえて製造された初期量産車です。
DF200-10以降はスカートが灰色に変更されたので、赤色のスカートは珍しいかもしれません。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED
 焦点距離 : 280mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/640秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 :  1000
 測光モード : Spot 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l



# 679 室蘭本線 2016 Vol.2

_DSC20160530_02S_2016060614132484e.jpg

同じく宇宙軒カーブから…。

3097、札幌ターミナル行きです。牽引機関車は、DF200-115号機。

貨物は編成が長すぎて全部入りきれません。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED + Kenko C-PL(W) 
 焦点距離 : 160mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/1000秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 160
 測光モード : Spot 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l

# 663 石勝線 2016 Vol.1

DSC_5578.jpg

今年のダイヤ改正は3月26日。すでに2ヶ月を切りました。

日本各地で様々な変更、廃止、増発が行われる中、今回のダイヤ改正での注目はJR北海道の動き、もっと言うなら北海道新幹線の開業でしょうか。

そのJR北海道では北海道新幹線の開業に伴い、「スーパー白鳥」、「白鳥」、「はまなす」が廃止され、札幌までの接続を考慮し「スーパー北斗」、「すずらん」の増発、また「スーパーカムイ」と「快速エアポート」の直通運転を取りやめるなど結構な変更が行われるとのこと…。

同時にJR北海道内では乗降客数の著しい減少等の理由から廃止になる駅が8駅あります。内訳は根室本線の花咲駅、石北本線の上白滝駅・旧白滝駅・下白滝駅・金華駅、函館本線の鷲ノ巣駅、石勝線の東追分駅・そして十三里駅が廃止になります。

今回アップした写真ですが、その石勝線の十三里駅ホームから撮影したものです。比較的アクセスしやすく(もちろん車での移動ですが…)、また石勝線っぽい場面が撮影できるなどなど、前回訪問した時にもう一度この場所には来てみたいと思っていた駅でした。

確かに撮影に赴いた際、早朝と言うこともあり通勤通学の方がいてもよさそうなんですけど、乗降客は一人もおらず、普通列車はただ停車するだけ…。恒常的にこのような状態であれば廃止も止む無し…なのかもしれません。

と言うわけで過去画ではありますがを十三里駅より撮影した画像をアップします。この写真が撮影できる駅が廃止になるというのは寂しい限りです


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED + Kenko C-PL(W) 
 焦点距離 : 200mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/1000秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200 
 測光モード : Spot 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manua
l

# 629 千歳線 2015 Vol.5

DSC_4984.jpg

JR貨物の「赤い熊」こと「Red Bear」の愛称を持つDF200型ディーゼル機関車です。

そもそも非電化区間の多い北海道において主力はDD51型でした。しかし、輸送量の増大、貨物列車自体の高速化などからDD51型では出力不足となり、恒常的に重連化を余儀なくされ、また北海道の厳しい気候風土の影響で老朽化も顕著となってきました。そのため、これら諸問題を解消すべく1992年に登場したのがこのDF200型ディーゼル機関車です。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : 
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED + Kenko C-PL(W) 
 焦点距離 : 350mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/640秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200 
 測光モード : Spot 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manua
l