鐵 路 の 記 憶新幹線

# 668 北海道新幹線開業 Vol.2

_DSC0300.jpg

北海道新幹線開業で登場したH5系。

普通に撮っては面白くないので5号車側面に描かれているいるシンボルマークを撮ってみました。帯がラベンダーやライラック、ルピナスなどをイメージさせる「彩香パープル」に変わるだけでずいぶんと違って見えます。またE5系と違い、1・3・5・7・10号車の側面、左右で10か所に描かれており、北海道の雄大さと北海道に飛来するシロハヤブサをイメージして描かれているとか…。


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED + Kenko C-PL(W) 
 焦点距離 : 380mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/60秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 800 
 測光モード : Spot 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l

# 587 九州新幹線 2014 Vol.6

DSC_2370.jpg

800系U004編成です。こちらも後追いです…。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l

# 586 九州新幹線 2014 Vol.5

DSC_2320.jpg

今度はN700系S6編成を後追いで…。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l

# 585 九州新幹線 2014 Vol.4

DSC_2296.jpg

800系U004編成を後追いで…。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l


# 584 山陽新幹線 2014 Vol.1

DSC_2283.jpg



東海道新幹線ではその姿を見ることがなくなった500系新幹線で、新大阪から以西では今でも現役で使われています。

その昔…、まだ500系がのぞみとして使用されていた頃、一度だけ乗れるチャンスがありました。東京6時00分発、のぞみ1号博多行きとしてこの500系が充当されていた時の話です。京都まで乗る予定で定刻5分前に乗車し、発車を待っていました。しかし、定刻になっても発車せず、しまいには室内灯も消えてしまい…、どうしたことかと思っていると車内アナウンスで車両故障により運行不可能となったため、隣のホームに止まっている車両に乗り換えてくださいとのこと…。えっ?そんなことあるんだ??なんて思った記憶があります。ですから発車間際のほんの数分間だけ500系に乗ったという苦い思い出のある車両で、自分の中では幻の500系新幹線なんです。


そんな思い出のある500系を小倉駅で見かけて、テンション上げまくり!!やっぱりこのフォルム、すっごいかっこいいですよ!惚れ惚れしちゃいます。


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 50mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l


# 583 九州新幹線 2014 Vol.3

DSC_2355.jpg
DSC_2359.jpg


787系にしかり、883系や885系にしかり、JR九州の車両のデザインは斬新です。以前は、日本全国からお払い箱になった車輛ばかりを集めていた感が否めなかった九州ですが、いやはや、今は違います。

もちろん古い車輛も九州内でもいまだに活躍していますが、それを見事にリニューアルして再利用しているんですからすごいです。

この800系のサイドにあるエンブレムや号車番号など、斬新なデザインですごくいいですよね。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l

# 582 九州新幹線 2014 Vol.2

DSC_2317.jpg

九州新幹線でも新大阪まで乗り入れているみずほやさくらに使用されているN700系です。今年の1月にも同じN700系を撮影しましたが、細かくカメラの設定をする時間が全くなかく慌てて撮影したことで普通の新幹線のように白いボディーのように映ってしまいましたが、今回も時間がない中、ちゃんと設定をして撮影したので九州新幹線っぽく写っていると思います。

やはりこの薄い水色が九州新幹線の特徴ですよね。それに実際熊本までみずほ601号に乗ってきましたが、2×2のシート配列は良いです。わずかな差なのでしょうけど広く感じますし、ちょっとした優越感に浸れます。

まぁ、東海道や山陽でこのようなシート配列では輸送力と言う点においてかなりのマイナスになるので、グリーン以外では実現できないでしょうけど、九州新幹線として運用しているN700系も新大阪まで乗り入れているわけですし、是非博多から以東へはこの車両で移動してみたいものです。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l


# 581 九州新幹線 2014 Vol.1

DSC_2309.jpg

今年1月に吸収を訪問して以来の九州…。再び熊本駅構内より新幹線を狙ってみました。

ほとんどと言っていいほど時間がなかったので駅撮りとなりましたがこれはこれでありかな…。

車輛は800系U007編成です。基本つばめとして、一部さくらとして運用についている800系。博多止まりと言うのが残念です。可能ならせめて新大阪まで乗り入れてもらいたいですが…。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l

# 551 Advanced Vol.14

_DSC5479_201409190955065b7.jpg

先日の新聞報道で東海道新幹線が来春、23年ぶりに加速をするそうです。現行の最高速度270km/hから285km/hへなるそうです。

カーブが多い東海道新幹線…。1992年に「のぞみ」が登場して以来、270km/hが頭打ちだったものの、「うまく曲がる、早く止まる技術」を追求し続けた結果、N700では空気バネでカーブ通過時に車体を内側に1度傾ける技術を導入。これにより最少半径2.5キロのカーブを従前は255km/hまで減速して通過していたものが270km/hで通過できるようになり「うまく曲がれる」ようになったそうです。

また、その後登場したN700Aではブレーキ性能の向上し、結果として「うまく曲がれる、早く止まる技術」が実を結んだことで285km/hへの加速が可能となったとのことです。


来春までには東海道新幹線を走行する車両の約7割がこのN700A、もしくはN700A相当機能を搭載した車輛に変わり、総距離の50%以上の区間で285km/hで走行が可能となるそうです。

時間にして東京~新大阪間で2~3分の短縮。果たしてこれを大きな短縮と言うかどうかというと疑問は確かに残りますが、最新の技術を導入しての時間短縮なので大きな前進と言ってもいいと思います。

ラッシュ時では山手線並みの3分間隔で発車する超過密状態。3分おきに285km/hで運行されている列車が次々と通り過ぎていくと言った技術はさすが世界の新幹線…と言うべきなのかもしれません。

写真の車両はN700AのX編成になります。同じような写真を以前にもアップしましたが、昨日の新聞報道を受けてもう一度アップしちゃいます。


撮影地は
ここ。 


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/1250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 479 Advanced! Vol.13

_DSC9912.jpg

270km/hでかっ飛んできたんでしょう。連結器カバーに生々しい跡が…。

こういった跡が残っていてもやっぱりN700、N700Aはかっこいいですね。画像の編成は、X65編成なので東海所属のZ編成からの改造版N700Aになります。

700系と比較して加速力を大幅にアップさせたようなことが言われてますが、まさしく大幅アップしていると思います。実際、乗ってみると停車中の駅からマックススピードと思われる速度までの体感的なものが全く違います。700系はどちらかと言うとゆっくりとした印象を持ちますが、N700やN700Aの加速力は全く違うように感じます。それだけ時短に繋がっているのかもしれません。


撮影地は
ここ。 


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/1250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual