鐵 路 の 記 憶山形鉄道フラワー長井線

# 480 台風の爪痕 Vol.1

_DSC5510.jpg

今回の台風8号は沖縄九州方面で台風本体による被害が、岐阜や佐渡、山形方面では台風によって刺激された梅雨前線による被害がが出たのは既に御存じのこととも思います。

被害を受けた山形県の民鉄で山形鉄道フラワー長井線と言うの路線があります。これまで何度も訪問しては撮影し、このブログにも写真をアップしてありますが、その山形鉄道が甚大な被害を受けてしまいました。

おりはた橋梁(宮内駅~おりはた駅間)の橋台が洗掘され、レールが宙吊り状態となっていまい、列車の運行が不可能な状態になってしまいました。テレビの報道番組でこの事態を知り、ショックを隠せません。

地方の民鉄はどこも赤字…。黒字経営なんて民鉄はごくごくわずか…。山形鉄道も決して楽な経営ではないはずです。そこにきてこの災害ですから、相当の痛手だと思います。

現在、赤湯~長井間はちょうど中間地点くらいの場所に例のおりはた橋梁がある為、区間運休、バスによる代行を行っているそうです。長井~荒砥間は列車による運行を行っているとのことで、一日早く復旧され、全線開通が望まれます。

写真は今年初めに山形鉄道を訪問した際に撮影したものです。まだアップしていない画像があったのでこの機会にアップさせてもらいました。全線開通はいつになるかわかりませんが、何はともあれ、頑張れ!山鉄!



# 246 飯豊連峰をバックに…

_DSC5652.jpg

飯豊連峰をバックにゆっくりと進む1両編成のYR-880。周りに何もない雪原を走る様は、これまであまたの撮り鉄によって撮影されてきているのでもしかしたら似たような写真を見たことがあるかもしれません。それくらい有名な場所と言うか、有名な構図…とでも言うんでしょうか。

ありきたりな写真になっちゃいましたが、このカットだけはどうしても撮っておきたかったんです。時間帯的に午後の時間だったため、多少逆光気味になっちゃったのが残念ですけど…。それでも雪原をのんびり走る姿はいいものです。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/6.3
 シャッター : 1/800秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 320  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0.7 
 露出モード : Manual 


# 245 最上川橋梁 Vol.2

_DSC5536.jpg
_DSC5527.jpg

同じく最上川橋梁を渡るフラワー長井線…。今度は荒砥側から。それにしてもこの橋梁、ホント長い。

しかもこの橋梁…、どこにでもある何の変哲もないただのトラス橋に見えますが、実はただのトラス橋じゃなくて由緒正しい橋だったんです。

背丈はかなり低く、先日の画像の方がわかりやすいですが、列車の背丈ギリギリの高さになっているダブルワーレントラス橋で、実は日本最古のトラス橋なんです。

もともとは東海道線の木曽川橋梁として1887年(明治20年)にイギリスのメーカーによって製造されたものの、機関車等の重量が増加していったことで橋梁としての強度不足となり、1923年(大正12年)に当時の国鉄長井線、左沢線の2路線に分割する形で移築され、長井線に移築されたものが最上川橋梁と名前を変えて残存し、そのまま現在に至っています。

それにしてもそんな由緒正しい橋梁が、歴史のある橋梁が、山形のこの地でいまだに現役とは…。びっくりです!


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 118mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 280  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0.3 
 露出モード : Manual 


# 244 スウィングガールズ

_DSC5517.jpg
_DSC5523.jpg

荒砥駅にある山形鉄道の車両基地にスウィングガールズ号が停車していました。

この車両は、2004年公開の映画「スウィングガールズ」のロケがフラワー長井線の沿線で行われ、列車内などでも撮影が行われたことを受けて、特別塗装の「スウィングガールズ号」として運行されています。今から10年前の映画ではあるものの、なかなかお目にかかれないらしく、珍しい車輛に遭遇しちょっとテンションが上がっちゃいました (^_^;


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED 
 焦点距離 : 120mm 
 絞り値 : 
f/7.1
 シャッター : 1/250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0 
 露出モード : Manual 


# 242 最上川橋梁 Vol.1

_DSC5508.jpg

最上川橋梁を行くフラワー長井線。最上川に架かる長い長い橋梁…。

終着の赤湯まで30.5キロをのんびりのんびりと約55分かけて走る。比較的街中を走ることもあり、実際乗ってみると秋田内陸縦貫鉄道と比較してもローカル色が薄いと感じる。それでも地方の民鉄に変わりはなく、列車本数は少ないかなぁ。


それにフラワー長井線の駅名はちょっと変わっていて面白い。終点荒砥の一つ手前の「四季の郷」をはじめ、「蚕桑(こぐわ)」、「鮎貝(あゆかい)」、「白兎(しろうさぎ)」などなど。JRとかでは考えられないネーミングで結構面白い。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/6.3
 シャッター : 1/250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 560  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0.7 
 露出モード : Manual 


# 23  旧国鉄、赤字路線…

P9290023.jpg

旧国鉄長井線を存続させる形で設立された山形鉄道。
荒砥から赤湯まで乗車したが、観光客相手と言うよりまさに地域密着型の地方民鉄という印象を持った。

ここはフラワー長井線。フラワーとは?
もちろん花のことだが、保有する車両の側面に山形県にちなんだ花が描かれている。


あじさい
ダリア

あずましゃくなげ
こぶし

などなど。

車輛により趣が異なりこれまた一興!
 
JRでは考えられない赤字採算路線でも、地域に根付いてがんばる民鉄を応援したい。
 

撮影地は
ここ