鐵 路 の 記 憶JR男鹿線

# 662 男鹿線 2015 Vol.2

_DSC0424.jpg

前回と同じ船越水道にかかる橋梁を行く男鹿線ですが、今度は対岸に渡って上り列車を…。

キハ48とキハ40の2両編成です。橋梁自体に補強工事が施されたようで、なんとなくすっきりさにかけていますが、これはこれでお気に入りに一枚になりました。

これにて今回の秋田弾丸ツアーも終わりです。また折を見て秋田の地は訪れたいと思っちゃいました。



撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 330mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 450 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : 0
 露出モード : Manual 


# 661 男鹿線 2015 Vol.1

_DSC0415_20160117070726f82.jpg

男鹿線を訪問しました。いわゆる定番中の定番撮影地である船越水道にかかる橋梁です。この水道は男鹿半島、もっと言うなら八郎潟に対しての防潮水門として整備されている水道です。そこを渡る男鹿線…。定番スポットではありますが、男鹿線ぽくって訪れた甲斐がありました。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 300mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 450 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : 0
 露出モード : Manual 


# 182 なまはげ Vol.3

_DSC3936.jpg

旧国鉄時代に製造された車両。古臭くて時代錯誤的な感も否めない。

また、北海道の
江差線と比較してもカラーリングが違うと見え方も違い、これはこれでいいものだと思う。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報)
  
 カメラ :
Nikon D600 + MB-D14
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 焦点距離 : 62mm
 絞り値 :
f/4
 シャッター : 1/250秒
 撮影解像度 : 6016×4016 FX
 ISO感度 : 450
 測光モード : Multi
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manual

# 180 なまはげ Vol.2

_DSC3937.jpg
_DSC3944.jpg

「男鹿なまはげライン」というだけあって「なまはげ」の顔が!

おっかなくて乗れないっす! (^_^;


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報)
  
 カメラ :
Nikon D600 + MB-D14
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 焦点距離 : 38mm
 絞り値 :
f/4.5
 シャッター : 1/250秒
 撮影解像度 : 6016×4016 FX
 ISO感度 : 900
 測光モード : Multi
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manual

# 179 なまはげ Vol.1

_DSC3947.jpg

正確にはここままだ奥羽本線。男鹿線は追分で分岐し、男鹿に向かう路線。とは言うものの秋田駅発着の男鹿行き各駅である為、JR男鹿線と記した。

キハ48、キハ40で運用、「男鹿なまはげライン」と命名されている。

なまはげ? 「悪い子はいねぇかぁ?!」のなまはげ?

ってことは悪い子は乗れないってことか??… (^_^;

まぁ、そんなことはないんでしょうけどね。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報)
  
 カメラ :
Nikon D600 + MB-D14
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 焦点距離 : 58mm
 絞り値 :
f/4.5
 シャッター : 1/250秒
 撮影解像度 : 6016×4016 FX
 ISO感度 : 280
 測光モード : Multi
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manual