鐵 路 の 記 憶京急電鉄

# 502 京急本線 2014 Vol.13

_DSC0133.jpg

京急800形です。この800形が全盛のころ、よく京急を利用したものです。1980年製造とのことなのでかれこれ35年近く前の車両ですが、いまだ各駅として使用されているんですね。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 270mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 640 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 498 京急本線 2014 Vol.13

_DSC0125.jpg



またまたアクセス急行です。今度は同じ1000形でも2013年度製造の12次車、ステンレスボディーの1000形です。この日はこの間も書きましたが、下り列車に大幅な遅れが発生していて上下線が被る被る!アクセス急行を狙い撃ちして撮影したかのようですが、もちろんこの間にも快特などもじゃんじゃんやって来てたんですけど…。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 640 
 測光モード : Multi 

# 496 京急本線 2014 Vol.12

_DSC0135.jpg

前回と同じくアクセス急行羽田行です。3次車の新1000形です。2004年に国土交通省が地下鉄道の火災対策の基準を見直しし、この新火災対策へ対応した仕様として登場しました。

連結面の車両間貫通扉を8両編成では3か所、4両編成では1カ所だったものをこの3自社からは各車両の浦賀寄りに設置するようになり、その他にも冷房吹き出し口と補助送風機・排気扇の清風版カバーをそれまでのポリカーボネートからアルミ製に変更するなど火災対策が取られています。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 640 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 492 京急本線 2014 Vol.11

_DSC0102.jpg

京急の600形です。アクセス急行羽田行きとして運用されていました。

行く先表示が幕式になっています。昨今流行りのLEDもいいんですけど、幕式がやっぱりいいですね。なんていったってかっ飛びの京急を撮影するにはどうしてもシャッタースピードを上げざるを得ません。でもそうするとLEDがうまく写り込まない…。幕式ならそんな心配ないですから…(^_^;


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 270mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 640 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 489 京急本線 2014 Vol.10

_DSC0130.jpg

京急新1000形になります。快特で運用されている6次車以降の編成です。JRのE231系などで採用されて設計を採用し、車端部も含めてオールロングシート化され、京急初のステンレスボディとなっています。

でも…、京急と言えば「真っ赤」なボディに白のライン…、というイメージが強すぎてステンレスボディにラッピングと言うのはしっくり来ないんですよねぇ。まぁ、ステンレスボディ全盛の昨今、時代の流れには逆らえないとでもいうのでしょうか…。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 270mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 640 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 487 京急本線 2014 Vol.9

_DSC0090.jpg

前回と同じく1500形になります。今度はカーブを疾走してくる様を400㎜で狙ってみました。

側壁に生えている草の緑と京急の赤のコントラスト…、いいですねぇ!京急の赤が栄えます。こういった色の違いがはっきり出るのは京急のボディカラーのおかげですね。

それはそうと…、今まで参加だけしてきたブログランキングから撤退をしました。というのも純粋に「IN」ポイントと「OUT」ポイントによるランキングであれば自分のブログが世間からどのように評価されているかの指針にはなりますが、様々な方法でポイント稼ぎがいくらでもでき、正しい評価ではないランキングサイトがほとんどであり、信憑性に乏しいため、参加している意味がないとの判断から撤退をしました。

いままでランキングサイト経由で当ブログにいらしていただいていた方には大変申し訳ないですが、これからはヤフーやグーグル等の検索エンジンにて「鉄路の記憶」を検索して頂ければ、すぐに当ブログに入って来れますので、そちらからの御来訪を心よりお待ちしています。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 640 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 486 京急本線 2014 Vol.8

_DSC0088.jpg

再びの京急本線です。1500形になります。

通常であればさほど上下線が被ることがないんですけど、この日は乗り入れをしている京成線での遅延の影響で京急線内でも遅れが出ており、特に下りに大幅な遅れが発生していたことで、被る被る!(^_^;

下りホームから上りを狙っていると申し合わせたかのように下りの快特や回送が…。おかげで比較的長い滞在時間の割には多くの列車を撮影することが出来ませんでしたが、梅雨らしくジトッとした雰囲気の中、疾走する京急を撮影してきました。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 270mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 640 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 408 京急本線 2014 Vol.7

_DSC8013.jpg

トンネルから出てきたところって好きです。編成写真等の観点からすると先頭部分しか写っていないわけですし、失格かもしれませんが、トンネルから飛び出してきたなんて言ったら大げさかもしれませんが、静止画なのに何となく動きが感じられていいです。

線路脇で撮影する編成写真は言うなれば鉄道写真としては基本中の基本ですし、もちろんいいんですけど、どちらかと言えば俯瞰じゃない鉄道風景(俯瞰は難しすぎます…)とか、こんな感じの他の人はあまり撮らないだろうと言うか、ちょっとへそ曲がり的な視点で撮影した…みたいな写真が好きなんですよねぇ。だからブログのコンセプトとは別に、そんな写真がアップされているブログ…になればなんて思っているんですけど…。なかなか思うようにいきません(^_^;

さてさてそんな思いを込めて立ち上げたブログもかれこれ半年以上…、今でこそ当り前のように日々更新させていただいていますが、自分の写真に対する感覚的なものが果たしてどこまで世間に通用するかブログ開設当初は疑問であり不安でもありました。

しかし、ここにきてブログに掲載されている写真をご覧になられた様々な方面の方々から、撮影してきた写真を印刷・出版物等に使用させて欲しいとのお声掛けを頂くようになり、結果撮影してきた写真が様々な形で利用されるようになってきたことは、ちょこっとは世間から評価されている証なのかなぁ、なんて思っています。使用形態は様々ですが、いずれにしても自分の写真が商業利用されるのはうれしい限りです。

とは言うものの、あくまでも「撮り鉄」は趣味、そしてあくまでもカメラ小僧ではあるもののプロではなくアマチュアですので、そこは決して驕らず、常に謙虚な気持ちでこれからも撮影していけたら…なんて思っています。と言うわけで拙い写真ばかりで大変恐縮ですが、この先も撮り鉄を楽しみ、どんどんブログへ掲載して行こうと思ってます!(^_^;

そして何らかの形で掲載写真などを使用したいと言った場合は、ぜひ一声かけて頂きたく思います。お声掛け頂ければ都度柔軟に対応させて頂きたいと思っていますので、どうぞこれからもよろしくお願いします(^_^/



撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 195mm 
 絞り値 : 
f/6.3 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 640 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 396 京急本線 2014 Vol.6

_DSC8028.jpg
_DSC8033.jpg

「KEIKYU YELLOW HAPPY TREIN」(京急イエローハッピートレイン)と同じ新1000形です。同じ形式なんですけどこちらはいわゆる「京急色」で、なおかつステンレスボディでもない編成です。

確かに「HAPPYになれる電車」のように独特のコンセプトを打ち出し、集客効果を狙うのっていいことですよね。しかも1編成しかないってところがミソなのかもしれません。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 195mm 
 絞り値 : 
f/6.3 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 640 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual


# 392 京急本線 2014 Vol.5

_DSC8025.jpg

京浜急行2100形になります。

トンネルを出ると同時にロービームにされたヘッドライトが、下り列車すれ違ったと同時にハイビームに…。眩しすぎます。

決して白線の外側などと言った危険な場所に立っていたわけではなく、ホームにあるベンチの横に立っての撮影だったのですが、一瞬自分に対する警告かと思った程のタイミングでハイビームにされましたが、警笛を鳴らされるわけでもなく…。よくよく考えると逸見駅を通過直後から短いトンネルが続くための措置だったんですね。でもおかげでいいものが撮影出来ました。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 195mm 
 絞り値 : 
f/6.3 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 640 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual