鐵 路 の 記 憶京成電鉄

# 456 京成本線 2014 Vol.14

_DSC8937.jpg

千葉ニュータウン鉄道所有、北総鉄道が管理運行を行っている9200形です。

そもそも前回アップした9000形の老朽化が進ンだために置き換えを目的として2013年3月1日より運行を開始しています。北総鉄道の7500形と同じ車両ではあるものの、千葉ニュータウン鉄道車であることから9100形と同様ラインカラーが水色と黄色の2色となっています。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 230mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/200秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l

# 450 京成本線 2014 Vol.12

_DSC8966_20140602133904ca2.jpg

複々線区間だからこそできる技なんですけど、両方とも同じ成田空港行です。

左側はアクセス船経由、右側は本線経由。到着が遅い早いは別にして同じ場所へ行く列車なら新しい方に乗りたくなるのは人の情…ってことはないんですかねぇ(^_^;


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 230mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/200秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l


# 438 京成本線 2014 Vol.13

_DSC8906.jpg

以前、アップした3400形に酷似しているものの、こちらはステンレス製の3700形。様々な種別をこなす京成電鉄の主力車両となっています。また、長期に渡って製造されたため顔つきも1次車~と、6次車以降とでは変化している。性能的にはAE100形を基本としているものの通勤車両と言うことから定速ノッチは省かれています。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 230mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/200秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l


# 435 京成本線 2014 Vol.11

_DSC9030.jpg
_DSC9012.jpg
_DSC8927.jpg

京成の新3000形を一挙3編成。今や京成電鉄の顔的な存在となっているだけに頻繁にやってきます。6両編成が多い陣容となっていいると言うとおり、3本とも6両編成でした。それにしてもこの新3000系ですが、東急電鉄の5000系とどことなく似通っているなんて感じるのは自分だけでしょうか?もちろん貫通扉等全くと言っていいほど違うんですけど、雰囲気的に似てるかなぁ…なんて思っちゃってます。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 230mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/200秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l


# 433 京成本線 2014 Vol.10

_DSC9017.jpg

京成本線 青砥~高砂

千葉ニュータウン鉄道が所有し、北総鉄道が管理・運行を行う車輛で9000形です。元をただせば住宅・都市整備公団2000形を名乗っていましたが、相互運転を行う京浜急行にも同形式車が存在することから重複を避ける意味で現在の形式に改められています。

性能的にはホ構想鉄道の7000形と同じですが、全メンバ奇抜なデザインにはならず、いたって普通の顔つきとなっています。また新京成線への乗り入れをしていた時代もあり、その時の名残として空間波無線アンテナが残っています。それが幸いしてかどうかは定かではないですが、新京成の新車回送の為に9000形が何度か新京成に乗り入れたこともあります。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 230mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/200秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l


# 429 京成本線 2014 Vol.9

_DSC9078.jpg

京成で初めて両開き扉を採用、それまでの赤電グループの車両からより通勤輸送に特化した車輛として登場した3200形、更に車内の手すりなどを増設し登場したのが写真の3300形になります。

この3200形は2007年(平成19年)11月に最後の1編成が引退、3300形も近い将来新3000形に置き換えられる見込みとなっています。

ある意味貴重な存在の3300形…。後追いではありますが、タイミングよく撮影することが出来良かったです。こういった古い車輛ってある意味味がありすごくいいです。時代の流れ…と一言で片づけられがちですけど、姿を消していくのは寂しい限りです。



撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/200秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l

# 425 京成本線 2014 Vol.8

_DSC8890.jpg

老朽化した3200形、及び3300形や3500形の未更新車を置き換える為に登場した京成グループの標準形式です。特に成田スカイアクセス線が開業し、空港アクセス用に仕様を変更した7次車が運行を開始し、3050番台として区分されています。

もちろん、カラーリングも変更されており、同じ3000形ではあるものの、別形式のように見えちゃってますね。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 230mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/200秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l


# 423 京成本線 2014 Vol.7

_DSC9002.jpg

3500形の未更新車をベースにしながらも、京成線内での運用が中心となっている3600形です。1982年(昭和57年)登場の社労になります。京成と言えばこれ!的な印象を持っていますが、いまではだいぶその数を減らしているようですね。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 230mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/200秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l


# 420 京成本線 2014 Vol.6

_DSC8867.jpg

最高速度160km/hでの運転を行うために登場した三代目「スカイライナー」用の車両です。車輛形式は原点に立ち返る意味から初代スカイライナーと同じAE形を名乗っています。

車輛のデザインは有名な話ですが、世界的ファッションデザイナーである山本寛斎氏が担当し、外観デザインのコンセプトは「風」、内装は「凛」と位置づけされており、先代のスカイライナーとは全体的にイメージが一新されています。

以前、成田空港から一度だけ乗車したことがありますが、確かにデザインコンセプトの通りだと思いましたし、それまでのスカイライナーのイメージとは全く違った印象を持った記憶があります。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/9 
 シャッター : 1/200秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 110 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

Read more...


# 417 京成本線 2014 Vol.5

_DSC8913.jpg

昨日アップした3000形の置き換え対象となった3500形未更新車です。この形式のみ種別表示が板による表示となっていて京成でもある意味貴重な存在となっているようです。また金町線のように支線であれば4両と言うのも分かるんですけど、京成本線でもいまだ4両編成で運用されているとは…。こういった古い車輛がいまだに更新もされず現役で運用されているって、なるほど京成って結構面白い路線かも知れませんね。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 230mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/200秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l