鐵 路 の 記 憶箱根登山電車

# 466 箱根登山電車 Vol.7

_DSC9521.jpg

登山電車と紫陽花のコラボの写真は何枚かアップしましたが、これまで旧型車両であるモハ1形とモハ2形についてあまり書いていませんでした。大平台の駅を出発した直後のモハ2形を撮影しておいたのでちょっとここでどんな車輛か書いておきます。

写真は箱根登山電車に在籍している旧車両、モハ1形、モハ2形のうちのモハ2形になります。1927年(昭和2年)製造のチキ2形を1955年から1957年に更新し登場した車輛です。現在はさらにカルダン駆動車へと更新され、108~110号の3両が在籍しています。

全車が両運転台車輛で、室内はセミクロスシートとなっていてモハ2形2両の運用の他に、モハ1形の造血運用もあります。これらモハ1形とモハ2形の外観上の違いと言えば側面扉の間の窓の枚数が違います。モハ1形は5枚、モハ2形は6枚となっていてモハ1形はロングシート、モハ2形はセミクロスシートとなっています。

実際、箱根湯本からモハ2形に乗車しましたが、駅員も「旧型車両の為一段高くなっています、足元にご注意ください」とのアナウンスがあるほどで、乗車した感想としてはやっぱり「古い!」でした。でしたが、箱根登山電車と言えば「これ!」と言うくらい定番の車両である為、今年11月に新たに新型車両が投入される予定の登山鉄道ですが、いつまでも活躍してもらいたい車輛です。



撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/200秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 140  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manual


# 465 箱根登山電車 2014 Vol.6

_DSC9777.jpg

大平台の手前にあるスイッチバックを行うための信号所、上大平台信号所のちょっと手前にある場所です。トンネルから出てくる様子を撮影しようと思ったんですけどトンネルの出口付近は、周囲の木々で影が出来ていたものの、ちょうど額アジサイの部分に日差しが当たっていてキラキラしているのがきれいでした。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 32mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/260秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 100  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 462 箱根登山電車 2014 Vol.5

_DSC9859.jpg

箱根登山電車としては46年ぶりの新車となった形式の1000形です。箱根登山電車と姉妹関係を結ぶスイスのレーティッシュ鉄道の路線名にちなんで「ベルニナ号」の愛称を持ちます。

現在は先頭車のみ4両が在籍していますが、もともとは非冷房車で登場し、2004年(平成16年)に床置き式の冷房改造を受け、現在は冷房電源確保のために2000形中間車を組み込んだ3両編成2本で運用されています。

大平台駅からほど近い場所に紫陽花の群生地があるんですけど、線路脇に咲いている紫陽花にピンを合わせ見上げる格好で撮影してみました。これはこれで迫力があり、良いんですけど、あくまでもメインは登山電車と言うのが少しでも伝われば…、なんて思ってますがどうでしょう??


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 26mm 
 絞り値 : 
f/6.3
 シャッター : 1/400秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 100  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual


# 458 箱根登山電車 2014 Vol.4

_DSC9851.jpg

前回と同じように見えますが、こちらはモハ2形です。

紫陽花と登山電車のコラボとなるとどうしても車両がアップ気味になってしまいます。紫陽花を強調しつつ、先頭から最後尾まですっきり収めると言うのは不可能ではないですけど、何気に難しいかもです。

桜や紅葉と言った全体的にその色に染まっているのであれば引き気味の画像でもOKなんでしょうけど、紫陽花はなかなかそうもいかないのでどうしても同じような絵図らになっちゃってますが、こういったアップの画像ってなかなかとる機会がないので新鮮でいいかもしれません。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 36mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/400秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 360  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual


# 454 箱根登山電車 2014 Vol.3

_DSC9787.jpg

上大平台信号所のちょっと宮ノ下よりにある踏切での撮影です。

一輪だけ背が高い紫陽花があり、これにピンを合わせて通過するモハ1形を撮影してみました。それにしても紫陽花と登山電車…、定番中の定番で、鉄壁のコラボです。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 32mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/260秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 100  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual


# 452 箱根登山電車 2014 Vol.2

_DSC9878.jpg

ちょうど1週間前に訪れたときはまだまだつぼみも固く、2~3分咲き程度だった紫陽花もほぼ満開に近い状態でした。前回訪問した際に、地元のおばあちゃんにあと1週間くらいかねぇ、なんて言われていましたが、おばあちゃんの言うとおりでした。

そのおかげというか、いやはや「鉄」がいるわいるわ(^_^; 毎年繰り広げられている光景なんでしょうけど、紫陽花と登山電車のコラボはやはり「鉄」ならずとも写真に記録しておきたい光景ですから「鉄」が集まってくるのも分かる気がします。

だからというわけではないんでしょうけど、いわゆる「鉄」が集まってくるだろう場所には警備員さんが配置されたりしていました。でも正直なところ、この警備員さんが我々目線で言わせてもらうと、ぶっちゃけ邪魔ともいえるくらいのベストポジションに立ってるんです。当然ながら危険行為をさせないための措置なので、「鉄」目線で言うところの最高のポジションにいるのは至極当たり前の話なんですけどね。まぁ、毎年のように常識のない「鉄」が電車を停めちゃう案件が発生しているための致し方ない措置ではありますけど…。

おかげで何とか警備員さんが写り込まないように調整しながらの撮影でしたので、アングル的にベストなものではなかったですが、それでもやはり紫陽花と登山電車…、画になります!


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/400秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 360  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual


# 444 箱根登山電車 2014 Vol.1

_DSC9513.jpg

梅雨時の箱根と言えば!ずばり、アジサイ。そのアジサイを期待してい訪問してみたものの、目的の場所はまだまだつぼみも固く、ほとんど咲いていない状態。湯本辺りはほぼ満開という状態でしたが、やなり山を登ってくると一気につぼみの状態に…。

でもせっかく来たので撮影していると地元のおばあちゃんに声を掛けられました。せっかく来たのにねぇ、また早いよねぇ、あと1週間くらいかなぁ…。えーーーー!そりゃないよぉ~(^_^;

と言っても自然相手のことですし、ろくすっぽ下調べもせず訪問したので致し方ないですね。

おばあちゃんのいうところちょうど咲き始めのころに再び訪れてみようと思います。


撮影地はここ。


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/200秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 140  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manual