鐵 路 の 記 憶JR中央線

# 484 中央線 2014 Vol.10

_DSC9748.jpg

スーパーあずさとして使用されているE351系です。E257系の画像をアップした際にもちょこっと書きましたが、JR東日本としては初めての振り子式車両で、E257系などで運用されている「あずさ」と差別化する意味で「スーパーあずさ」専用の車両として使用されています。もちろんのことながら振り子式である為、八王子より以西の山間部に入ると急にカーブが連続することからスピードダウンを余儀なくされていた中央線の特急もこのE351系なら振り子の実力発揮!と言ったところでしょうか。

実際、北海道のキハ281系スーパー北斗に乗車した時もそうでしたが、この振り子と言うのはすごい技術だと思います。カーブのたびに車体が内側に傾くのを車内でもろ実感できるわけですし、スピードダウンすることなく駆け抜けていく実力はたいしたものです。キハ281系が登場した時のうたい文句が「札幌~函館間300キロを3時間」でした。300キロを3時間と言うと単純に平均時速100キロで走行しているわけで、当然ながら途中には停車駅もあり、平均時速が100キロと言うのはものすごい事だと思います。それだけカーブが連続する区間であっても振り子パワー全開でスピードダウンすることなく駆け抜けていけると言うことなんでしょうね。しかもモーター駆動の電車であればそのスピードも頷けますが、キハと言うくらいですからディーゼル駆動…。ホントすごい技術だと思います。

話はそれましたが、そんなE351系も近い将来E353系が新規登場することでどんどん置き換わって、その数を減らしていくんですね。何でもそのE353系って振り子ではないとか…。ちょっとさびしい限りです…。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 483 中央線 2014 Vol.9

_DSC9633.jpg

快速高尾行き、E233系0番台T41編成です。この編成も10両固定の編成です。

どうも中央線と言えばフロントガラスの下に幕式の種別表示があるのが当たり前と思っていたのでちょっと違和感があるものの、E233系やE231系が主流となっていて、なおかつ幕式ではなくLED表示が当たり前の時代ですからねぇ。ホント数年の間に一気に列車も進化したように思います。

中央線ではないですが、埼京線にこのE233系が導入された当初は、新型車両!なんて浮かれてもいましたが、逆に205系といった古い車輛の方が個人的には好みかなぁ…なんて思っちゃってます。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 481 中央線 2014 Vol.8

_DSC9635.jpg

こちらも東京メトロ東西線の車両になります。05系です。

東西線の輸送力増強用および老朽車置き換えようとして投入された系列で、18年間の長期に渡って製造されてきました。

このため初期車と最終増備車とではまるで別の形式では?と思ってもおかしくないくらい大きく異なっています。東西線の5000系を全てこの05系に置き換える予定でしたが、計画変更により5000系4編成は07系による置き換えとなっています。

2010年には東西線に新型の15000系が導入されたことで、初期車の一部が廃車となっていますが、そのほとんどはインドネシアのジャカルタに譲渡され、今でも現役で活躍しています。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 478 中央線 2014 Vol.7

_DSC9684.jpg

東京メトロ東西線の15000系になります。中央緩行線に乗り入れている車両です。

東京メトロ東西線の通勤ラッシュ時における慢性的な遅延対策として登場したワイドドア車です。ワイドドア車自体は現在の東西線の主力である05系にも存在していますが、05系ワイドドア車は編成端の乗務員室側ドアのみ通常と同じ幅だったのに対して、この15000系は全てのドアがワイドドアになっています(ドア幅1800㎜)。

また、形式は当初05系の14次車となる予定だったものが、同じく東京メトロ副都心線用の10000系とほぼ同等の使用であることから、15000系と10000番台の形式となっています。



撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 475 中央線 2014 Vol.6

_DSC9734.jpg

同じくE257系のM-115編成になります。こちらは前回の「かいじ」ではなく「あずさ」と使用されています。

以前、このE257系に乗車しましたが、E351系と比較して客室空間が広いように感じました。やはり振り子式のE351系は構造上どうしても狭くなっちゃうのかもしれません。また、シートそのものもそうですが、前席とのスペースも若干広いように感じました。もちろん新幹線のように大柄な男性でも足を延ばせると言った広さではないですが、十分なスペースを確保しているように感じたんですけど…、これって気のせいだったのかなぁ…。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

# 468 中央線 2014 Vol.5

_DSC9738.jpg

中央線各駅停車(総武線各駅停車)と東京メトロ東西線の相互乗り入れ専用の車両としてJR自社所有車輛であるE231系800番台です。

雨脚が強くなってきました。かなり雨粒が写り込んでおり、また後追いではありますが「雨だからこその後追い…」という考えのもと、いい感じで撮影出来ました。

このE231系800番台ですが、中央・総武緩行線から東京メトロ東西線への直通運転用の103形1000番台・1200番台および301系を置き換える為に2003年1月から落成が始まり、2003年5月1日より営業運転を開始した車輛です。

東西線との直通しようとなっているため、車体は千代田線直通用の209形1000番台のモノを基本としていますが、台車距離は13,800㎜となって多少ではありますが長くなっています。同時に先頭車の前面には地下鉄線内用の非常扉(貫通扉)を装備し、万が一の非常時にはハシゴ付き補助腰掛を使用して車外へ脱出できるようになっています。また、東西線オリジナルカラーの水色と青色2所の帯が色鮮やかでとてもいいです。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual


# 460 中央線 2014 Vol.4

_DSC9638.jpg

E257系です。JR東日本が国鉄から引き継いだ直流用特急形電車である183系や189系や直流用急行形電車165形を置き換える為に2001年より導入した車輛です。

そもそも高速バスとの競争激化にさらされていた中央本線の特急「あずさ」「かいじ」用の後継車両として登場、JRが独自に設計製造した車輛はこれが初めてで、製造両数が200両を超え、2011年の時点でJR西日本の「サンダーバード」に用いられている683系に次ぐ製造数となっています。車両デザイはGKインダストリアルデザインが担当し、E653系やE751系をベースとした車体構造となっています。

車輛塗装は城をベースに1両ごとに違った配色のブロックパターン模様が描かれており、ドア扉横には中央線沿線の名所のイラストがロゴで描かれています。編成は9両が基本編成で、これに2両が増結され11両になることもあります。また、9両編成は前後で違った顔つきをしていて、、更に中間車に簡易運転台を付けただけの移植の車両も存在しますが、こちらは営業運転では先頭に立つことはありません。また、グリーン車を持っていますが、いわゆる半室だけのグリーン車となっています。


先般のプレスリリースで御存じの通り、中央線特急に新型車両E353系を導入することがすでに発表されています。まだ見ぬE353系の導入で中央線特急がどのように変わっていくんでしょうね…。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual


# 459 中央線 2014 Vol.3

_DSC9704.jpg

中央総武線各駅停車の209系500番台、ミツ509編成を後追いで…。

中央総武線のラインカラーであるカナリアイエローが鮮やかです。以前は201系など全部がこの黄色で塗られていた頃はもっともっと鮮やかでしたが、ステンレスボディにイエローのライン…、いいですねぇ! 古よりの伝統色に当てはめるならば、いわゆる「黄色」になるんでしょうか。ホント鮮やかです。

この中央総武線にもE231系が徐々に投入され、209系も次第に姿を消していくんでしょうか??今もアップされているかどうかわかりませんが、以前Youtubeやニコ動にアップされていたとある動画のシリーズをよく見てたんですけど、その中でE231系やE233系のことを大量殺りく兵器~、なんて言ってましたが、他の形式を次から次へと追いやる様はまさしく大量殺りく兵器のようです…(^_^;

黄色


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual


# 457 中央線 2014 Vol.2

_DSC9659.jpg

前回アップしたT18編成とは別に、東京側6両+大月側4両の10両編成となっているH43編成です。

今まで意識して10両固定編成、6+4両の編成という違いを意識したことはなかったんですけど、確かに昔から?中央線快速は分割可能な編成になってましたよね。

それにしてもE233系って増えましたねぇ!我が埼京線もほぼ全てE233系にスイッチしましたし、首都圏では今や主流と言ってもいいかもしれません。カラーリングの違いで路線を区別していますが、撮り鉄目線で言わせてもらうとするならば、統一感があることがいいのか、形式がバラバラの方がいいのか…難しい所です。いろいろな種類の車両が走っているのも面白いような気がしますが…(^_^;


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual 


# 455 中央線 2014 Vol.1

_DSC9668.jpg

中央線の有名撮影地での撮影です。E233系0番台、T18編成です。

中野駅を出発した列車は緩やかな上り坂を一気に駆け上がってきます。雨が降りしきる中、いい感じでスピードを上げて高円寺駅を通過するので、ストレートではあるものの迫力のある写真が撮れることでも有名な場所。

さてさて写真のE233系0番台ですが、中央線では初のステンレスボディとなっていて車体には中央線のオリジナルカラーであるオレンジパーミリオンの帯が巻かれており、前201系と比較して車体幅が広くなっています。

また、中央線快速に充当されているE233系は全部で58編成あり、そのうちT1~T42編成は10両貫通タイプ、H43~H57編成は東京側6両+大月側4両編成となっています。また、2008年3月のダイヤ改正で運用本数に変更があり、青梅線・五日市線専用編成2本が中央線編成に転用され、H58編成に改名しています。写真のE233系は、T18編成ですので10両貫通タイプの固定編成となっている編成です。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/250秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 125 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual