鐵 路 の 記 憶2013年09月

# 23  旧国鉄、赤字路線…

P9290023.jpg

旧国鉄長井線を存続させる形で設立された山形鉄道。
荒砥から赤湯まで乗車したが、観光客相手と言うよりまさに地域密着型の地方民鉄という印象を持った。

ここはフラワー長井線。フラワーとは?
もちろん花のことだが、保有する車両の側面に山形県にちなんだ花が描かれている。


あじさい
ダリア

あずましゃくなげ
こぶし

などなど。

車輛により趣が異なりこれまた一興!
 
JRでは考えられない赤字採算路線でも、地域に根付いてがんばる民鉄を応援したい。
 

撮影地は
ここ
 

# 22 つばさ Vol.1

DSC_6431.jpg

同じくE3系を使用している山形新幹線。
こちらは1000番台と2000番台があり、同じE3系でも乗った印象が全く違う!

やはり利便性を考えると2000番台の方が一歩も二歩も上をいっている気がする。窓側の席限定になるが、コンセントがありスマホの充電とかPCとかなにかと重宝する。ちょっとした心遣いではあるけど、利用者からするとうれしいサービスだ。


 写真の詳細情報(Exif情報) 
 
 カメラ
: Nikon D600 + MB-D14
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4-5.6G ED
 焦点距離 : 260mm
 絞り値 : f/5.6
 シャッター : 1/1000秒
 撮影解像度 : 6016×4016 FX
 ISO感度 : 200
 測光モード : Multi
 露出補正 : ±0
 露出モード : Aperture priority



# 21 威風堂々と…

DSC_6445.jpg

導入当初は、このカラーリングに違和感を覚えたが、今ではごく普通に見えるのはなぜだろう??
東北新幹線を代表する車両になった今となっては、その姿さえ威風堂々としている。
 
それはそうと、E5系とE3系の編成…、昨今、新型のE6系が大量導入されたこともあり、数を減らしつつある。
 
廃止になる前に一度もう一度E3系こまちに乗っておかねば!
 

 写真の詳細情報(Exif情報) 
 
 カメラ
: Nikon D600 + MB-D14
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4-5.6G ED
 焦点距離 : 400mm
 絞り値 :
f/5.6
 シャッター : 1/250秒
 撮影解像度 : 6016×4016 FX
 ISO感度 : 100
 測光モード : Multi
 露出補正 : ±0
 露出モード : Aperture priority

# 20 田んぼアート

_DSC0056.jpg
_DSC0051.jpg
 
鷹ノ巣から内陸線で角館へ…
途中、停車する寸前まで速度を落とし、観光案内があった。別に観光列車に乗ったわけではない。なのに車内には観光ガイドが…。しかも車内販売までも!
 
そんな内陸線は沿線の農家とタイアップし、田んぼアートが描かれている。

経営難に陥っている秋田内陸縦貫鉄道…、出資母体の秋田県がいつ切り捨てるかわからない状況の中、存続の為にかなりがんばっている!
 
田んぼアートの他にも沿線の観光スポットに近づくと減速し、ガイドによる案内があるなどホント秋田の民鉄はすごい!!
 
がんばれ!! 秋田内陸縦貫鉄道!!
 

 写真の詳細情報(Exif情報) 
 
 カメラ :
Nikon D600 + MB-D14
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED
 焦点距離 : 24mm
 
絞り値
: f/5.6
 シャッター : 1/60秒
 撮影解像度 : 6016×4016 FX
 ISO感度 :  : 100
 測光モード : Multi
 露出補正 : ±0
 露出モード : Aperture priority




Next…
_DSC0067.jpg
 
内陸線はいろいろなカラーリングの車両が走っている。
基本、1色の「むらさき」、「きいろ」、「あお」、「あか」だが、内陸線が開業した当初のオリジナルカラーの車両や、紅葉をモチーフにした車両などいろいろなカラーリングの車輛があり、旅人を飽きさせない。

 
撮影地は
ここ


 写真の詳細情報(Exif情報) 
 
 カメラ :
Nikon D600 + MB-D14
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED
 焦点距離 : 35mm
 絞り値 : f/6.3
 シャッター : 1/40秒
 撮影解像度 : 6016×4016 FX
 ISO感度 :  : 200
 測光モード : Multi
 露出補正 : ±0
 露出モード : Aperture priority