鐵 路 の 記 憶2014年11月

# 605 米坂線 2014 Vol.11

DSC_4401.jpg

米坂線でも比較的有名な撮影地です。場所柄踏切のわきからで左手の紅葉が美しいことからこの場所から撮影したであろう写真を結構見受けられます。その場所に行ってみました。確かにいい感じです。しかもこのときは雨が降っていたこともあり、一層紅葉がきれいに映っています。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 160mm 
 絞り値 : 
f/6.3
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0 
 露出モード : Manual 



# 604 米坂線 2014 Vol.10

DSC_4367.jpg

今年の春先、まだ雪がたんまり残っているときにこの橋梁を望む場所で撮影をしました。その時は国道からの撮影でしたが、今回はちょうど橋梁をくぐって反対側から撮影です。

只見線、米坂線、磐越西線と一気にめぐる強行軍でしたが、やはり一番北に位置するだけあって紅葉もほとんど終わりかけているって感じがしました。それでもこの美しさですから…


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/6.3
 シャッター : 1/800秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0 
 露出モード : Manual 


# 603 只見線 2014 Vol.33

DSC_4347.jpg

おなじみ只見線第一橋梁です。ホントなら上の鉄塔付近から撮影したかったんですけど、いかんせんSL試運転ということでとてもとても立ち入る隙がなく、ここからの撮影になりました。それでも結構な人でびっくりです。

紅葉もいい感じで只見線っぽくいい画が撮れたと思います。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 120mm 
 絞り値 : 
f/5
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 220 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0 
 露出モード : Manual

# 602 只見線 2014 Vol.32

DSC_4496.jpg

SLと同じ場所でキハ40を…。

紅葉がほんと美しく、ある意味只見線らしい景観に思わず見とれてしまいました。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/5
 シャッター : 1/800秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 250 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0 
 露出モード : Manual 

# 601 只見線 2014 Vol.31

DSC_4534.jpg
 
今年三度目の只見線です。まさか3回もこの地を訪問するとは思っていもいませんでした。

今回の訪問の最大の目的…。それはSLを撮影することでした。11月8日と9日に只見線に「SL只見線紅葉号」が運転されました。その試運転が11月4日〜6日まで行われたのでこの機会に訪問しました。

キハ40が走っているだけでも今となっては貴重な路線であるにもかかわらず、そこをSLが走る。鉄としてこれは押さえておかなければいけないでしょ!ということで激混みを覚悟で訪問したってわけです。

実際、現地は大混乱と言ってもいいくらいの激混み!いわゆる撮影ポイントと称する場所は数日前から三脚で場所取りなんぞしている同業者もいたり、特に第一橋梁が望める鉄塔付近は半端ない状況でした。それでも5時間待ちの末、紅葉をバックにそれなりの写真が撮れたので満足です。



撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/5
 シャッター : 1/800秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 250 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0 
 露出モード : Manual 


# 600 日豊本線 2014 Vol.14

DSC_2121.jpg

883系AO-5編成です。

こちらは前回のAO-1やAO-2編成と異なり、中央のフォグがありません。

それにしてもこの883系って実質的に初めて実物を見ましたけど、超かっこいいです!今でも使われている787系の登場以来、JR九州の特急型車両はその形状が独特なものへと変化して行ったとも言われていますけど、この883系にしろ、885系にしろ一種独特の雰囲気を醸し出していてすっごくいいです。お気に入りの車両の一つに加わりました。

さてさてそれはそうと「鉄路の記憶」というブログを立ち上げて1年が経過しました。今日から2年目に突入です。2年目突入に際し、一発目はお気に入りの車両で飾りたいとの思いから、#600記事に883系を選びました。

それにしても早いものでもう1年たったんですね。記事数にして#599記事。よくもここまで続いたものだと我ながら感心してます。同時にホントこの1年、いろいろな場所に行き、シャッターを切ってきました。

凍てつく寒さと吹雪の中、3時間耐え忍んだ撮影もあれば、断続的に降り続く雨の中、びしょびしょに濡れながらの撮影や猛暑の中、汗だくになり熱中症になるんじゃないかってくらいの暑さの中の撮影もありました。目的の列車を撮影するのも楽じゃない…と痛感した1年でもありました。でもそうやって過酷な条件下で撮影した写真って思い入れも深いんですよね。

また、撮影してきた写真が商業利用されるケースがここ1年、本当に多くなりました。拙い写真ばかりではありますが、様々な形で自分の写真が利用されると言うのは嬉しい限りです。

最近ではブログランキング等から撤退したことでアクセス数が激減しました。それこそ多いときで3000アクセス/日なんて時が当たり前だったころが嘘のような静けさなんですけど、記事の内容からしても150アクセス/日前後が妥当な数字だと思ってます。こうやって日々アクセスして頂いている方々を大切にしつつ、日々訪問して頂いている方たちに喜ばれるような記事を書いて行こうと思います。これからもよろしくお願い致します!


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 360mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/1000秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l


# 599 鹿児島本線 2014 Vol.12

DSC_2490.jpg

885系SM-11編成です。885系の第2次車になります。

1次車よりも前面の帯が若干太いそうですが…、正直よく分かりません(^_^;

また1次車では3本あったワイパーが2本とされ、座席表地の色が変更され1次車よりも暖色系のカラーリングとされたそうです。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/1000秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l

# 598 鹿児島本線 2014 Vol.11

DSC_2444.jpg

813系100番台、P112編成です。813系の第3次車です。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/1000秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l


# 597 鹿児島本線 2014 Vol.10

DSC_2484.jpg

昨日と同じく811系です。こちらはP11編成になります。

811系の基本番台である0番台です。車両両端部以外の座席が全て転換クロスシートになっています。1992年までにP1~P17の4両編成117本が製造されましたが、P2編成は2002年に発生した列車衝突事故により電動車2両が大破したことで、その後復旧されることなく制御車・付随車も含めて全て配車されています。九州鉄道記念館にある本家入れるの運転シミュレーターはこの事故の廃車体を流用されているそうです。



撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/1000秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l

# 596 鹿児島本線 2014 Vol.9

DSC_2436.jpg

811系P102編成です。811系100番台になります。

1992年7月15日のダイヤ改正を前に製造されたマイナーチェンジ車です。扉寄りにある座席が固定式となったことで、扉周辺の空間が広がり立席定員が増加したものの、座席数は変更されていません。また吊革も増設され、0番台よりも座席の厚みが薄くなっているとのことです。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 70mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/1000秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l