鐵 路 の 記 憶2015年03月

# 647 石勝線 2015 Vol.1

DSC_5638.jpg

前回のアップからちょっと間が空いてしまいました。鉄とは関係なく、ムービー制作などをしていた関係でアップする時間がありませんでした。久々のアップです。

北海道遠征第二弾の一発目、石勝線からスタートです。

石勝線と言えば…、山線、信号所、スノーシェッド…、なんてイメージがあったんでこれらが絡んでくる場所はないかと探していてこの場所にたどり着きました。

信号所と言うか、駅手前のポイント部分にあるスノーシェッドとキハ283系です。なかなか石勝線のイメージ通りになったかなって思ってます。

でも今回の北海道遠征はさんざんたる結果でした。釧路まで行ったものの爆弾低気圧の影響でSL冬の湿原号が運休…、かと思いきや旭川から先の宗谷本線まで行ったものの雪解けが進み定排が行われず…。

結局、石勝線と函館本線のみとなってしまいました。まぁ、撮影できなかった場所は来期にリベンジと言うことで…。



撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED + Kenko C-PL(W) 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/640秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200 
 測光モード : Spot 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manua
l


# 646 只見線 2014 Vol.35

DSC_4325.jpg

去年撮影した写真を整理していたらまだアップしていないものが出てきたので北海道遠征第二弾の前にアップします。

場所はJR只見線第三橋梁です。一面紅葉でその中をキハ40系2両編成がゆっくりと通過していきました。

この日はSLが試運転されるということでこの場所も半端ないくらい激混み…。場所取りをめぐる大人たちの熾烈な争いが…(^_^;

おいおい!と思わず言いたくなるくらい見苦しい争い…。

「おい!頭下げろ」、「こっちはセッティング終わってるんだから俺の前にくるんじゃねぇ」などなど…。場所取りで事前に三脚だけ置いておいて本人は直前にやってくる…なんてよくあるパターンですが、そのおっさんはは三脚で場所取りをしていた人よりもずーーと後に来たにもかかわらず、こっちはセッティング終わってるんだ、邪魔だ!、どけ!ってそれはないんじゃないかと…(^_^; 正直言ってまだ若い同業の方ならいざ知らず、いい年したおっさんがそんなこと言うなんてレベルの低さを感じちゃいました。自分さえ良ければ他人はどうでもいい…、それはないんじゃないかと…。

そんなこんなが現場では起こっており、まさに一触即発の撮影地…。でもSLが通過したら蜘蛛の子を散らしたかのように誰もいなくなっちゃいました…

同じように礼儀を知らないというか、レベルの低さを感じた場面につい先日遭遇しちゃいました。それは先日来アップしている北海道遠征での一コマ…。新札幌の撮影地に到着したときは誰もいませんでした。いうなれば一番乗りだったわけですが、ここにしよう!と目星を付けてから立ち位置を確保すべく雪山を切り崩し、場所を確保し、列車を待っていました。するとほどなくして3人連れの同業者が…。まだ20代そこそこの若い連中のようです。すると当たり前のように自分のところにやってきて「こんにちは」と声をかけたかと思うと自分が一汗かいて切り崩した場所に陣取ろうとするじゃないですか。あたかもこっちは3人なんだから少しは遠慮しろよくらいの勢い。事実三人でぶつぶつ話している内容が丸聞こえでその内容にも怒り心頭でした。

と言うことでさすがにブチ切れてしまい、自分が確保したスペースに3人で入ろうとしたので「おい!ここは一人しか入るスペースないだろうが!よく見ろや!他に行って撮れよ!」と怒鳴りつけると、一瞬「え??」」と言う顔をしたようでしたが、こちらの勢いに負けたのか、そそくさと移動し、別の場所で雪かきをしてました…。

ちょっと大人げなかったかなぁとも思いましたが、決して意地悪をしてそこに入れさせなかったわけじゃないんですよ。あからさまに今さっき雪かきをしたばかりなのが明白なわけで、その場所から撮影したいのであれば「後ろの方から撮ってもいいですか?」や「お邪魔してもいいですか?」などなど一言あれば「どうぞどうぞ」となるんです。それを「こんちわ!」と挨拶さえすればあとは何してもいい、自分さえよければ先に来ている人がどうなろうが関係ない、的な発想をし、人のことなんぞ考えない行動をする同業の方があまりにも多すぎる。これは新札幌に限らず、全国の撮影地どこでも起こっていることなんです。あまりにもレベルが低すぎると思わざるを得ないのが今の撮り鉄には多すぎるんですよね。

以前はもっと紳士的と言うか、礼儀をわきまえている人ばかりだったように思います。自分も若かりし頃、そういった方たちの中で撮影してきたので自然と礼儀をわきまえた行動をするように心がけていますが、最近は非礼極まりない連中があまりにも多すぎると思います。

それでなくても世間一般的に撮り鉄っていいイメージを持たれていません。むやみに線路内に立ち入って最悪のケースとして列車を止めてしまった…、なんてニュース沙汰になるような案件がたまに起こってます。こんなことが起こると一事が万事、すべての撮り鉄が同じ穴の狢として同一視されちゃうんですよ。一人一人がもう少し節度をわきまえ、もう少し次元が高いというか、自分さえよければ的な発想を捨てられたら少しは世間の風当たりも弱くなるのに…なんて思っちゃいました。

さてさて今年はまだ一度も只見線を訪問してません。今となってはある意味ホームグラウンド的な只見線…。いついくかなぁ…なんてひそかに計画を立てたりしちゃってます。でもまだ雪深いし…。やっぱり桜の季節、ゴールデンウィーク前あたりかなぁ。って思ってますが、そこまで「いざ!只見線へ!」的な衝動を抑えて待てるかどうか…自信ないっす(^_^;


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 300mm 
 絞り値 : 
f/5.6
 シャッター : 1/400秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200  
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0
 露出モード : Manual

# 645 函館本線 2015 Vol.9

DSC_5194.jpg

いわずもがな「トワイライトエクスプレス」です。

手稲から札幌へ回送中の姿を琴似駅ホームより撮影してみました。

本日、3月12日札幌発、同じく3月12日大阪発の運行を最後に25年の歴史に幕を閉じるんですね…。この時も3月で運用を終えるということで同業の方が多数…。この場所で撮影された写真もすでに多数アップされているようなので、見慣れた方もいるかもしれません。

さてさてこの「トワイライトエクスプレス」ですが、出発日の夕方と到着日の明け方の薄明、つまり「トワイライト」が列車名の由来とか…。

また、それまでの寝台特急と言えばブルートレインと呼ばれていた通りブルーが基本でしたが、この列車は他とは違い、深緑のボディーに金色のラインが入ってるなど高級感ありありの列車…。

それだけに惜しまれますが、車両そのものはリニューアルされているとはいえ、40年近く経過している車両を使っているわけで、すでに限界を超えているんでしょう。かといって新規に開発製造をする必要性があるのか?と問われれば決してYesとはならないのが現実…。

もちろんそれ以外の要因の方が大きいのかもしれません。青函トンネルの電圧が新幹線基準に変更される、北海道新幹線と並行する在来線が第三セクター化されるなど様々な理由から廃止されるとのことですが、ホント名残惜しいです。

なんでも最終列車の切符はそれこそ秒殺だったとか…(^_^; まさにプラチナチケットとなってしまったんですけど、最終のトワイライトエクスプレスに乗車できる人ってホントラッキーですね。

トワイライトエクスプレスは廃止となりますが、2017年春に「トワイライトエクスプレスの伝統と誇りを受け継ぐ」をテーマに新たな寝台特急が京阪神・山陰・山陽方面で運行を始めるとか…。先日、JR西日本からその名称が正式に発表になり、「瑞風」に決定したそうです(「瑞風」スペシャルサイト参照)。まだCGの段階ですが、見た感じ斬新すぎるとも取れるそのフォルム…。良いのか悪いのか賛否両論だと思いますが、いずれにしても約2年後の登場が今から楽しみですね。

さてさてこのトワイライトエクスプレスをラストに今回の北海道遠征は終わりです…。



なんて書いちゃいましたが、実は3月に入り先日、北海道遠征弾丸ツアー第二弾、決行!とばかりに石勝線、函館本線へ今年2度目の北海道遠征に行ってきました。この間、行ったばかりなのに…と自分でも思いますが、ANAのマイルがたまっていたので衝動的に行ってきました。

もちろん撮り鉄のためだけに…(^_^;

と言うことで、次回から北海道弾丸ツアー第二弾と称し、画像をアップしていきます。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED
 焦点距離 : 300mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manua
l


# 645 宗谷本線 2015 Vol.1

DSC_5361.jpg

旭川駅に停車中の名寄行です。

このカラーリングのキハ40をまじまじ見たのって江差線以来かもしれません。このカラーリングを見ると北海道に来たって感じがしちゃうんですよね。駅撮り、しかも停車中の車両を撮影するのってあまり好んで撮影するスタイルではなく、意にそぐわないですが、一応、アップしておきます。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 
 焦点距離 : 35mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/30秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 180 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l


# 643 函館本線 2015 Vol.8

DSC_5136.jpg

小樽からの「快速エアポート」、733系3000番台です。

小雪がぱらつく中、琴似駅でトワイライトエクスプレスの札幌までの回送を撮影するための待機中に撮影したものです。

ん~、ごくごく一般的な通勤型車両ではありますが、こうやって雪煙をあげて走る姿を見ると、意外とかっこいいかも…(^_^;


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED
 焦点距離 : 300mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manual


# 642 函館本線 2015 Vol.7

DSC_5164.jpg

札幌から「L特急すずらん」として運用される785系電車が手稲から回送されているところです。

この形式は意外と歴史が長く、1990年から運用についています。現在ではスーパーカムイ、L特急すずらんなどにしようされ、JR北海道の都市間高速輸送の主力となっている形式です。

しかし北海道新幹線開業に伴い、スーパー白鳥で使用されている789系が余剰となることから785系を789系に置き換える発表がありました。これに伴いJR北海道が保有する785系37両すべてが廃車となる予定だとか…。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED
 焦点距離 : 300mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manua
l


# 641 函館本線 2015 Vol.6

DSC_5149.jpg
DSC_4938.jpg



札幌近辺ではよく見られるいわゆる普通の通勤型電車、通勤型気動車です。

上の写真が札幌都市圏の中でも最も混雑する函館本線小樽駅~札幌駅間の輸送改善において、非電化区間である小樽駅以西からの札幌駅直通列車の混雑緩和及びスピードアップを図るために1997年3月22日のダイヤ改正から営業運転を開始しした201系気動車です。

また、下の写真は札幌都市圏での通勤輸送に使用されていた711系電車の老朽化取り換えとスピードアップを目的として導入された731系電車です。

この2種類の列車…、札幌近辺ではごくごく当たり前のように運用についているんですが…。

この両車がすごい!

何がすごいかって…、現在日本で唯一、電車と気動車の協調運転が行われています。

電化区間と非電化区間が入り乱れる北海道ならではの対策なのかもしれませんが、電車と気動車が連結されて一つの編成として運用されている…、やるねぇ! JR北海道!!


# 640 函館本線 2015 Vol.5

DSC_5275.jpg

711系電車、S-111編成です。

出来うるなら旧塗装タイプに塗り替えられた編成も見てみたかったんですけど、このタイプのカラーリングのみでしたが、それでも十分満足です。

でもあとちょっとでこの形式も姿を消すんですよね。新千歳空港が開港した1992年から1988年まで「快速エアポート」の一部列車にも充当され、新千歳空港駅にまで乗り入れていたというのもびっくりです。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED
 + Kenko C-PL(W)
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual