鐵 路 の 記 憶# 163 豪雪地帯の朝 Vol.2

# 163 豪雪地帯の朝 Vol.2

_DSC3618.jpg

大又川橋梁での撮影を断念し、待つこと1時間。8時14分発の下り列車で角館へ戻ることに…。

小さな小屋のような駅舎のおかげでこれだけの豪雪地帯であるにもかかわらず寒さをしのげた…。

それ以前に萱草大橋を往復したことで汗だくになり、汗冷えしてしまいそうだったけど…(^_^;

それはそうとこの日は始発から前夜からの大雪の影響で15分程列車が遅れていた。

すると駅に取り付けてあるスピーカーからおそらく無線か何かだと思うが、列車の遅れを告げる放送が…。

付近の集落に列車の遅れをアナウンスするなどうれしいサービス。

些細なことではあるが、内陸線は地域の方々にとって必要不可欠なの路線と言う印象を持った朝だった。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報)
  
 カメラ :
Nikon D600 + MB-D14
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 焦点距離 : 24mm
 絞り値 :
f/6.3
 シャッター : 1/400秒
 撮影解像度 : 6016×4016 FX
 ISO感度 : 400
 測光モード : Multi
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manual
関連記事