鐵 路 の 記 憶# 164 青ガエル Vol.1

# 164 青ガエル Vol.1

_DSC4401.jpg
_DSC4402.jpg

東急電鉄・目蒲線で使用されていた初代5000形電車が北熊本~上熊本間で今でも運行している。

昭和32年製造、正面はいわゆる湘南スタイルの2枚窓、下ぶくれの愛嬌ある顔つき、緑一色のカラーリングから、「青ガエル」の愛称で親しまれ、 航空機の技術を応用した超軽量ボディとアメリカからの技術導入による最新の電気機器を備え、当時の電車とは一線を画した高性能電車でした。

東急電鉄引退後は、その多くが地方私鉄に譲渡され活躍してきましたが、冷房化の改造ができないことや、部品の調達ができなくなってきたことなどから廃車が進み、現役で運用しているのは、ここ熊本電鉄に2両残すのみとなっている貴重な車両。

譲渡され熊電オリジナルカラーの水色にオレンジ帯へと塗り替えられた5000形。しかし今となっては、全国でも最後に残された貴重 な「青ガエル」となり、熊電の粋な計らいで東急時代と同じ緑色に復元されています。

熊電に在籍する5000形は両運転台構造に改造された単行電車が二両。それぞれ向きが異なり、北熊本側、上熊本側どちらからも非貫通タイプ、貫通タイプ両方を見ることが出来ます。

話には聞いていたものの、当時の様相をほぼそのままにしている実物を見るとそのレトロ感がたまらなくいい!

それはそうと…、隣に写っているお絵描きされている車両が気になります(^_^;

詳細については… Coming Soon!! (^_^;


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報)
  
 カメラ :
Nikon D600 + MB-D14
 レンズ : AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 焦点距離 : 70mm
 絞り値 :
f/5
 シャッター : 1/400秒
 撮影解像度 : 6016×4016 FX
 ISO感度 : 2200
 測光モード : Multi
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

関連記事