鐵 路 の 記 憶# 354 京急本線 2014 Vol.1

# 354 京急本線 2014 Vol.1

_DSC8054.jpg

雨が降りしきる中、逸見駅での撮影です。考えてみたらこのブログを立ち上げて以来、首都圏の大手私鉄をまともに撮影するのって初めてかもしれません。

この逸見駅…、トンネルとトンネルの間に駅があり、中央に通過線を有する駅である為トンネルを出てすぐのところにポイントがあるなどむちゃくちゃタイトな地形です。

10分おきに快速特急が、また同じく10分おきに普通が、これらが交互にやってくるので実質5分おきに列車がやってくる感じなので、効率よく撮影が出来ました。

でももともと次の列車が来るまで2時間待ち、3時間待ち…、なんて言うのが当たり前の地方のローカル線を好んで撮影していたこともあり、ここまで頻繁に列車が来ると正直言ってかなり忙しいです(^_^;

それに出身地である横浜にいたころ、京浜急行はそれこそ日々の足でした。でも横浜を離れて約20年…、今回ホントに久々の京急です。随分と車両も世代交代してますし、列車種目も随分と変わったと言うか…。快速特急が10分おきにやってくるなんて当時からすると有り得ないことです…。エアポート急行なるものや特急もちゃんとあるようですが、現在のメインは快特と普通の2種類。当時は快特、特急、急行、普通の4種が交互にやってくるダイヤでしたのでちょっと違和感が…。

それに地方に出向くために頻繁に新幹線を利用しているのでスピード感覚が新幹線基準になっちゃてマヒしちゃっているみたいで、「京急=かっ飛び」だと思っていたんですけど、随分とスピードダウンした?なんて思っちゃいました。

まぁ、この逸見駅は先ほど書いた通りトンネルの出口付近にポイントがあるため、極端に減速してこの場所を通過して行きます。これは以前と変わらないと思うんですけど、ここまで来るのに利用した京急に乗車中に随分と遅くなったなぁ…なんて思ったんです。

でも時間的に以前と差異がないため、スピードダウンなんぞしていないんでしょうけどね。


そんな京急を逸見駅で撮影してきたので徐々にアップして行きます。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 195mm 
 絞り値 : 
f/6.3 
 シャッター : 1/500秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 640 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

関連記事

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)