鐵 路 の 記 憶# 420 京成本線 2014 Vol.6

# 420 京成本線 2014 Vol.6

_DSC8867.jpg

最高速度160km/hでの運転を行うために登場した三代目「スカイライナー」用の車両です。車輛形式は原点に立ち返る意味から初代スカイライナーと同じAE形を名乗っています。

車輛のデザインは有名な話ですが、世界的ファッションデザイナーである山本寛斎氏が担当し、外観デザインのコンセプトは「風」、内装は「凛」と位置づけされており、先代のスカイライナーとは全体的にイメージが一新されています。

以前、成田空港から一度だけ乗車したことがありますが、確かにデザインコンセプトの通りだと思いましたし、それまでのスカイライナーのイメージとは全く違った印象を持った記憶があります。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/9 
 シャッター : 1/200秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 110 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manual

 本日、6月5日関東地方がいよいよ梅雨入りしました。何でも梅雨明け予想は7月23日前後とのこと…。うっとしい季節になりました。

一般的に「撮り鉄」と称する人々は雨を嫌う傾向にあるようです…、ってそりゃ、カメラは濡れるし自分自身も濡れちゃう、撮影条件的にも厳しくなったりするし、良いことなど何もないのでこの季節を嫌うのはある意味当たり前…。

でも生来へそ曲がりと言うか…、雨とか雪とか条件が厳しくなればなるほど燃えてくる…(^_^;

天候に限らず、撮影条件的に厳しくなればなるほどハッスルしちゃう自分がいます(^_^;

雨だからこそ見せてくれる姿と言うのがあると思うんですよね。というわけで梅雨の時期だからこそ、あちらこちらに出没して撮影していけたら…なんて思ってます。



関連記事

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)