鐵 路 の 記 憶# 471 小田急電鉄 2014 Vol.7

# 471 小田急電鉄 2014 Vol.7

_DSC9469.jpg

小田急電鉄の新3000形になります。

2002年(平成14年)に登場し、バリアフリー・環境への配慮、省エネ化等を進めたハイテク車輛で、サービス機能・車輛性能をさらに充実させた系列になっています。「純電気ブレーキ」なる技術で安全かつ乗り心地の良い車輛を実現し、ホームとの段差縮小、車両の扉の天地寸法の拡大、低騒音化、リサイクル可能材料量の拡大などが積極的に採用された車両です。

初期車は前面の青おっびが太かったんですが、現在増備されている車両は側面方向表示機の拡大などのマイナーチェンジが行われたうえで写真のように細い帯になっています。

そんな3000けいですが、6両編成と8両編成、10両編成が存在し、6両編成は主に他の形式の4両編成と組み急行系統に、8両編成は各駅に、10両編成は単独で急行系統に使用されています。尚、2008年3月以降は箱根登山船が4両のみの運用となったため、同線からは撤退しています。


撮影地は
ここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/8 
 シャッター : 1/1000秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 400 
 測光モード : Multi 
 露出補正 : ±0
 露出モード : Manua
l

関連記事

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)