鐵 路 の 記 憶# 650 函館本線 2015 Vol.10

# 650 函館本線 2015 Vol.10

DSC_5708.jpg
DSC_5739.jpg

超久々のアップです。

超が付くほど多忙でなかなか撮り鉄の旅にも出られず、ブログも更新できず…。ホント半年ぶりぐらいの更新かもしれません。

さてさてなぜ急に更新をしたか…。それは昨日、8月28日が当時の国鉄線の北海道で初めて電化区間が誕生し、電車による営業運転化開始された日なんです。

47年前の昨日、1968年(昭和43年)8月28日、北海道の国鉄線に初の電化区間が誕生し、北海道の国鉄線で電車の営業運転が開始されました。

このとき電化されたのは函館本線の小樽~滝川間で、同時に国鉄初の北海道向け電車711系がデビューし、普通列車や急行「かむい」、「さちかぜ」と言った優等列車に充当されました。

しかし、この711系電車は今年の3月13日で営業運転を終了し、全車両が引退しました。わずか2両が岩見沢市のファームレストランとして保存されているそうです。

写真は、引退間際に函館本線へ赴き撮影した2枚になります。特に1枚目はお気に入りの一枚となっています。


撮影地はここ


写真の詳細情報(Exif情報) 
   
 カメラ : 
Nikon D600 + MB-D14 
 レンズ : AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED + Kenko C-PL(W) 
 焦点距離 : 400mm 
 絞り値 : 
f/5.6 
 シャッター : 1/800秒 
 撮影解像度 : 6016×4016 FX 
 ISO感度 : 200 
 測光モード : Spot 
 露出補正 : +0.7
 露出モード : Manua
l
関連記事

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)